妊娠中に気をつけること

妊娠中に気をつけることは、とにかくストレスをためないことです。ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静に物事を判断できず危ない行為をしたりゆとりを持って日々を過ごせなくなります。すると、母体に負担がかかることになり、赤ちゃんにも悪影響を与える可能性があります。

 

 

 

命がけの人生の一大イベント、それが出産です。あまりナーバスになってもいいことはないですが、いい状態で出産にのぞめるよう、リラックスできる心と体を作りましょう。おなかに赤ちゃんがいるときは、妊娠前の体とは異なることを頭に置いておきましょう。

 

 

 

特にまだお腹が小さく実感も湧きにくい妊娠初期は、見た目に変化がないので妊娠前と変わらずに動きがちです。

 

でも妊娠初期というのは、赤ちゃんの体の基本となる大事な基礎形成の時期なので、たとえ体調が良くても、無理はしないようにしましょう。ゆっくりゆったりと構えるようにして、少しでも身体に変調を感じたときには、きちんと休むことが大切です。
妊婦さんは三食しっかり摂るようにしましょう。中には食べても気持ち悪くて吐き戻してしまう人もいるかもしれませんが、少量ずつ、お腹に入れるようにしましょう。

 

 

不思議なことですが「とても食べたくなるもの」が、現れるかもしれません。私の場合は「氷」でした。いつもガリガリ食べていた気がします。

 

食べれるときに、食べたいだけ食べましょう。

 

お産にも、子育てにもパワーが必要です。気持ちが悪いから〜食べたくない!と言わずに、しっかり食べましょう。
妊娠中はお肌が敏感になっています。運動不足を解消するためにもウォーキングやお散歩はおススメですが、日焼けをしないために対策をしっかりしましょう。

 

 

 

妊娠前に使用していた日焼け止めが合わなくなって、肌荒れの原因になることがあります。そんな時は赤ちゃんも使用できる日焼け止めがオススメです。こだわりの帽子やアームカバーなど、お気に入りの日焼け防止グッズを集めて出掛けてみましょう。

 

 

 

妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静さを保てず危険な行動をしたりゆったりとした気持ちで過ごせなくなります。すると、母体に余計な負担をかけることになり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。

 

 

出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。
あまりナーバスになってもいいことはないですが、穏やかに出産当日を迎えられるよう、リラックスできる心と体を作りましょう。妊娠している間はホルモンバランスの関係で、精神的に不安定になりやすく、意識してリラックスできる時間を作ることが大切です。

 

しかし、運動や食事は妊婦さんにとって注意すべき点が多く、中々難しいですよね。例えば、家での映画鑑賞や読書に挑戦してみてはいかがでしょう。

 

 

 

出産前に教養を付けておくと将来赤ちゃんにいろんなことを教えるために有効です。軽い挑戦のつもりでやってみませんか。妊娠中はホルモンの関係で気持ちの面でも不安な状態になりやすく意識してリラックスできる時間を作ることが大切です。

 

 

ですが、運動といい食事内容といい、妊婦さんにとって気を配るべきことが多く、それだけで大変ですよね。そんなときは、クラシック音楽を聞いてみたり、読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。母親が教養をつけておくことは産まれてくる子供への教育の準備になります。

 

 

軽い挑戦のつもりでやってみませんか。

 

 

 

妊娠している間は、まずはお母さん本人がイライラしないようにすることが胎児にとっても大切なのではないでしょうか。

 

 

 

初めての妊娠なら特に変わっていく体や生活環境に戸惑い自覚がないうちにストレスが溜まるものだと思います。そういったときに、栄養の偏らないように、赤ちゃんのために、と健康に気遣うのは当然のことですが、行動や食事を極端に我慢したり制限することは逆に精神衛生上よろしくないような気がします。何より穏やかな心で過ごせるのが大切だと思います。

 

妊娠線が付かないようにするには太りすぎないようにする他に、ちゃんと予防クリームを塗ることが大事といわれていますよね。そして妊娠線予防クリームを塗る際、ちゃんとマッサージをすることも重要です。脂肪をマッサージで揉みほぐしておくことで妊娠線が出にくくすることが期待できます。
その際、十分な量の予防クリームを手のひら全体に伸ばし、縦にも横にもマッサージをするのがポイントです。

 

また掴めるところはしっかり掴んでもむ事も忘れずにしましょう。

 

妊娠初期のつわりの症状は人により違うそうですが私の場合は食べづわりがひどく、何か食べていないと気持ち悪くなっていました。

 

 

脂っこいもの、甘いものは見るだけで気持ち悪くなりました。

 

口にできるのはスナック菓子とトマト、ホットケーキのみ。それ以外の物を口にすると吐き気がし、実際に吐いてしまうこともしばしば。

 

 

 

こんな食事できちんと栄養が取れているのかが心配でしたが、妊娠の初めの頃はあまり栄養を取らなくても問題無いので食べられるものを食べなさいということ。

 

早く解放されないかな…と辛さに堪えながらいつも願っていました。