サムシングのマタニティジーンズは買ってよかった

ボトムスは、お腹が大きくなってきてもギリギリまで、ボタンを外してはくなどして粘っていたのですが、どうしても苦しくなり、マタニティ用のものを買いました。

 

最初は通販でマタニティパンツを買ったのですが、体型に合わず、どうしようかと困ってるときに、百貨店でサムシングのマタニティジーンズを試着してびっくり。とてもフィットして違和感がないし、ほどよくストレッチが効いてとても楽チンなのです。

 

もっと早く買えばよかったと思いました。

 

産後もしばらくは普段のジーンズが苦しく、また、赤ちゃんのお世話でしゃがんだりすることが多いので、マタニティジーンズをはいています。

 

スニーカーです。妊婦時にも出産後にも活躍しました。

マタニティウェアと違って、出産後にも活躍するのはスニーカーです。足のサイズは変わりませんから。

 

元々ヒールの靴をよく好んで履いていたのですが、妊婦になってからはさすがに安定感を優先して、スニーカーで過ごしていました。

 

出産予定日を過ぎてもなかなか産まれてくれなかったので、散歩も積極的にするようにお医者さんに言われていたので、その頃もよく活躍してくれました。

 

出産後、出かける時は赤ちゃんを抱っこしながらだったりするので、やはりヒールは有り得ません。

 

妊娠を機にお気に入りで履きやすいスニーカーを購入するのはオススメです。

 

とこちゃんベルト、マタニティー用スパッツ、授乳口つきのマタニティー服

産後重度の腰痛と恥骨痛に悩まされていました。

 

某チェーン店で購入した骨盤ベルトが合わず、とても苦しんでいた時に産婦人科の看護士さんに勧められ購入しました。

 

巻く強さを自分で調節できるうえ、骨盤をピンポイントでしめることが出来たので、なんとなく体のバランスをとるのが楽になりました。

 

このベルトのおかげだけではないかもしれませんが、腰痛や恥骨痛もだいぶ軽減されました。

 

妊娠期間が冬だったので、マタニティー用のスパッツは愛用していました。

 

毎日マタニティーインナー、腹巻、腹帯、長い靴下、スパッツ、暖パンの順で重ね着し、寒い冬を乗り越えました。

 

妊娠期間中、私は人より体重が増加傾向にあったため、普通の服ではパツパツになってしまい、上半身もマタニティー用の服を購入し来ていました。

 

この時たまたまなのですが、授乳口がついている服を買っていました。

 

産後、実際夜の授乳の際などに服をまくり上げることなく授乳出来たので本当に楽でした。

 

選んだわけではなく偶然だったのですが、授乳口つきで良かったです。

関連ページ

マタニティウェアとしても使える普通の服
ウェストのないデザインの、マタニティウェアとしても使える普通の服
オムツや石鹸を買っておいてよかったです
大量のオムツ、おしりふき、石鹸などの消耗品 抱っこ紐
トコちゃんベルト買ってよかった!
マタニティーブラ、マタニティーレギンス、マキシスカート(お腹の部分が折り返せるもの)、腹巻き、トコちゃんベルト