ベビーベッドを買って後悔しました

一緒に寝ないと寝られない子なので、ベビーベッドに寝かせると泣き叫びます。

 

おまけに寝相がすごく悪いので、すぐ頭をぶつけては起きて泣くのでベビーベッドは結局オムツや上着、タオルなどを置く物置になり、引っ越しを機に分解してしまってしまいました。

 

今は子供と布団で寝ていますが自由にごろごろ転がりながら眠る姿を見て、レンタルにすればよかったなと後悔しています。

 

哺乳瓶はまったく受け付けてくれませんでした。

 

母乳があまり出ない体質だったので、必死にマッサージをして、早めに離乳食に切り替えてしまいました。

 

母乳が出なければ粉ミルクで我慢してもらおうと思って購入していたものだったので、失敗したなぁと思います。

 

ベビーサークルは少し掃除などをしている時に入っていてもらおうと思っていたのですが、サークルに付属されているおもちゃなどには目もくれず、ひたすら中で泣き叫ぶので、あんまりにかわいそうで結局こちらも物入れになってしまいました。

 

ベビーカーは、他のものと同様、寝かせてベルトを装着するなり泣きだすので、結局出掛けるときは抱っこ紐です。

 

自分が楽をしようと購入したものはほぼ失敗した感じです。

 

バウンサーとよちよち歩きの時に使用するカタカタいう押し車

居間にいる時に使えるよう実家でバウンサーを購入してくれたのですが、我が家の子供達は床に置いたり座らせるとまもなくして泣いてしまうので基本抱っこやおんぶしていたので全く寝たり座ったりしてくれず、最終的には猫が寝ていました。私達が購入したバウンサーは少しだけおもちゃが付いているものだったので、もっとほかにも音楽や振動などでるものを購入すれば活用できたかなと後悔しました。カタカタする押し車も実家で買ってくれたのですが、昔ながらの木でできた物だったので音がうるさくてアパート暮らしだった頃は隠しておきたくてしかたなかったです。親からするとうるさい音ですが子供からすると楽しい音のようでやり始めると止まらなくなるくらいずっと遊んでいました。おかげですぐに歩きが上達し一人歩きも早く出来るようになりました。今現在ではプラスチックの物や音が静かなものなどが発売されているので多少高くてもそちらを選択しておけばよかったなと後悔しています。

 

マタニティパジャマ、マタニティジーンズ、妊娠線ケアローション

マタニティパジャマはゆったりしていて楽そうだと思って購入しましたが、意外にゴワゴワして寝にくかったのと、妊娠により体温が通常より高かったこともあり暑苦しかったので結局夜寝る時は大きめのTシャツにマタニティレギンスを着用していました。マタニティジーンズはお腹の部分はトレーナー生地になっていて伸縮性がありよかったのですが、ストレッチ素材ではあるものの脚の部分がきつく動きにくく、特にむくみがある時は辛かったので購入してもほとんど着ませんでした。妊娠線ケアローションは妊娠線ケアのためと乾燥防止のため購入し使用していましたが、汗っかきのため塗った部分が汗でかぶれてしまい使用を中止しました。その後はローションではなく、オイルに変えたところかぶれの心配なく過ごせました。ローションは自分の肌に合っていなかったようです。ただ、もったいないので、その後もローションは妊娠線用ではなく足腕用に使用していました。大容量だったので妊娠中から出産後まで使えました。

関連ページ

マタニティウェアを買って後悔しました
マタニティドレスというのは、本当に妊娠中にしか着られないデザインだし、妊娠が終わったら使いようがなく、ファッション性としても全く使い物にならないのですが、その割りに高価なので、損をした感じがしました。確かに妊娠中は便利なのですけれども、本当にその時にしか使えないものなので、使い捨てするしかなく、もっと安くてもいいのではないかと思いました。もちろん、誰か他の妊婦さんに使ってもらってもいいのですが。
トコちゃんベルトUを買って後悔しました
妊娠すると、骨盤が緩んでガタガタになり、産後も体型が戻らなくなる。それに、妊娠中からベルトを着けると、腰痛防止や早産防止にもなり、着けるなら妊娠中からが良いと聞き、トコちゃんベルトを買いました。
妊娠線ケアローションを買って後悔した
妊娠線ケアローションを買って後悔した