マタニティウェアを買って後悔しました

マタニティドレスというのは、本当に妊娠中にしか着られないデザインだし、妊娠が終わったら使いようがなく、ファッション性としても全く使い物にならないのですが、その割りに高価なので、損をした感じがしました。確かに妊娠中は便利なのですけれども、本当にその時にしか使えないものなので、使い捨てするしかなく、もっと安くてもいいのではないかと思いました。もちろん、誰か他の妊婦さんに使ってもらってもいいのですが。

 

妊娠はめでたいことなので、お金を使うのもうれしい、という面もあるかもしれませんが、そのときしか使えないものに高額なお金を使うというのは考えものだと思いました。だから、私は結局マタニティドレスは1着しか買いませんでした。あとは、ウェストのないデザインの普通の服を着るようにしました。ウェストのない服が好きでたくさん持っている友人がいたので、その人に服を何着か借りてすませることにしました。マタニティウェアはいかにも妊婦ですという感じなので、ちょっと恥ずかしかったです。

 

出産後も使用できる取り外し簡単なブラジャー

妊娠して胸が大きくなってきたのでサイズが大きめのものを買おうとした時に、店員さんから母乳をあげる時にも便利ですよ、とサイズが大きめで着脱が簡単なブラジャーを進めてもらった。最初はつけていたが、外出しないときはキャミソールとブラジャーが一体になった下着をつけていたので、そっちの方が楽なのでブラジャーはあまりつけなくなった。いざ出産して混合で育てていたが、キャミソールは引き続き使っていた。結局3ヶ月で混合を止めて完全ミルクに変えてしまったので、ブラジャーは買って1ヶ月くらいしか役に立たなかった。授乳ケープもあったので、ケープをしてからおっぱいを出せばいいわけであって、ケープの中で多少動くぐらいはできたので、わざわざ専用のブラジャーを買う必要もなかったと思った。母乳が欲しくて大泣きする子でもなかったので、ブラジャーの着脱に時間がかかって困ったことは1度もなかった。ブラジャーを買うならもっといっぱいキャミソールを買っておけばよかった。

 

子どもの肌着に使える布(ダブルガーゼやスムース)

大人の服は、生地で買ってきて自分で作った方がかわいくて好みのものが安く作れるので、ベビー服も同じように考えていました。

 

それで、ダブルガーゼやスムースの生地を大量購入してきて、いろいろ作ってみました。

 

けれど、その結果出来た肌着は、西松屋さんで売っている物よりもコストパフォーマンスが悪いものになってしまいました。

 

生地の問屋さんや激安のお店などがあればよかったのですが、ダブルガーゼの安いものを扱っているお店はなかなかなくて、その中でも無地ではなくちょっとした柄入りとなると500円/1mを越えてしまうところが多いです。

 

肌着を作ってみたところ、一着を作るのに60cm〜70cmが必要でした。

 

一方、西松屋さんでの価格をネットで調べてみたところ、柄物が2着で600円くらいで購入できました。

 

頑張って肌着を作ったので、思い出にはなりますが、節約面や安全面で考えると完成品で購入した方が良かったなぁ、と思いました。

関連ページ

トコちゃんベルトUを買って後悔しました
妊娠すると、骨盤が緩んでガタガタになり、産後も体型が戻らなくなる。それに、妊娠中からベルトを着けると、腰痛防止や早産防止にもなり、着けるなら妊娠中からが良いと聞き、トコちゃんベルトを買いました。
ベビーベッドを買って後悔しました
ベビーベッド、哺乳瓶、ベビーサークル、ベビーカー
妊娠線ケアローションを買って後悔した
妊娠線ケアローションを買って後悔した