妊娠中に買ったもの妊婦の買い物ナビ

当サイトでは、妊娠中にみんながどんな買い物をしているのか
出産準備の為に買ったものが実際には、使わなかったとか
後悔したものってたくさんあると思います

 

先輩ママさんが妊娠中に買ったもの
実際にそれを買って後悔したのか?
買ってよかったものはなんなのかをご紹介します

 


【ピックアップ】妊婦の買い物

妊娠中というよりも、妊娠前から本来は必要ですが、妊婦さんが
必ず買うものといえば葉酸サプリではないでしょうか?
葉酸は、胎児の健康の為にも母体の健康の為にも必要な栄養
妊娠期間中もしっかりと摂取する事を意識している方が多かったです
葉酸サプリおすすめサイトなどを参考に
あなたにあった葉酸サプリを見つけるのがおすすめです。
ただ、葉酸サプリも数多くありますので、何を選ぶかで後悔している人、良かった人がわかれています

トコちゃんベルトは妊娠後期に普通に歩けないくらいの坐骨神経痛になってしまった時に購入しました。
着用後は痛みも軽減され、運動もできるようになったので妊娠初期から買っておくべきだと思いました。

 

マタニティーブラはお腹が大きくなってきた頃に普通のブラではきつくなり(特にアンダーバスト)購入しました。
スポーツブラのようなタイプですごく楽でした。授乳中に使えたのも便利でした。
マタニティーレギンスは動きやすく快適で本当に買ってよかったです。
何本も買って妊娠中はほぼレギンスで過ごしていました。マキシスカートもレギンス同様に動きやすくよく着用していました。
マタニティー用ではないので産後も使えるところがよかったです。
腹巻きはしているだけで心地よくお腹に安心感がありました。

 

妊娠線ケアローションは妊娠線ケアのためと乾燥防止のため購入し使用していましたが、汗っかきのため塗った部分が汗でかぶれてしまい使用を中止しました。
その後はローションではなく、オイルに変えたところかぶれの心配なく過ごせました。
ローションは自分の肌に合っていなかったようです。ただ、もったいないので、その後もローションは妊娠線用ではなく足腕用に使用していました。
大容量だったので妊娠中から出産後まで使えました。

 

他には、マタニティパジャマはゆったりしていて楽そうだと思って購入しましたが、意外にゴワゴワして寝にくかったのと、妊娠により体温が通常より高かったこともあり暑苦しかったので結局夜寝る時は大きめのTシャツにマタニティレギンスを着用していました。マタニティジーンズはお腹の部分はトレーナー生地になっていて伸縮性がありよかったのですが、ストレッチ素材ではあるものの脚の部分がきつく動きにくく、特にむくみがある時は辛かったので購入してもほとんど着ませんでした。

オムツやおしりふきは毎日必要なもので、尚且つ生まれたばかりではすぐに買い物に行くことは出来ないので、消耗品はストックしておいてよかったなと思います。

 

オムツは一番評判の良いものを予め調べておいて、大量に買い込んでおきました。

 

抱っこ紐は本来あまり利用する予定ではなかったので適当に選んだものだったのですが、ベビーカーが嫌いな子だったので抱っこ紐がないとお出掛けが出来ず、心の底から買っておいてよかったなと思いました。

 

こんなことならもう少し値段の張る良い抱っこ紐を購入すればよかったなという別の後悔があります。

一緒に寝ないと寝られない子なので、ベビーベッドに寝かせると泣き叫びます。

 

おまけに寝相がすごく悪いので、すぐ頭をぶつけては起きて泣くのでベビーベッドは結局オムツや上着、タオルなどを置く物置になり、引っ越しを機に分解してしまってしまいました。

 

今は子供と布団で寝ていますが自由にごろごろ転がりながら眠る姿を見て、レンタルにすればよかったなと後悔しています。

 

哺乳瓶はまったく受け付けてくれませんでした。

 

母乳があまり出ない体質だったので、必死にマッサージをして、早めに離乳食に切り替えてしまいました。

 

母乳が出なければ粉ミルクで我慢してもらおうと思って購入していたものだったので、失敗したなぁと思います。

 

ベビーサークルは少し掃除などをしている時に入っていてもらおうと思っていたのですが、サークルに付属されているおもちゃなどには目もくれず、ひたすら中で泣き叫ぶので、あんまりにかわいそうで結局こちらも物入れになってしまいました。

 

ベビーカーは、他のものと同様、寝かせてベルトを装着するなり泣きだすので、結局出掛けるときは抱っこ紐です。

 

自分が楽をしようと購入したものはほぼ失敗した感じです。

ボトムスは、お腹が大きくなってきてもギリギリまで、ボタンを外してはくなどして粘っていたのですが、どうしても苦しくなり、マタニティ用のものを買いました。

 

最初は通販でマタニティパンツを買ったのですが、体型に合わず、どうしようかと困ってるときに、百貨店でサムシングのマタニティジーンズを試着してびっくり。とてもフィットして違和感がないし、ほどよくストレッチが効いてとても楽チンなのです。

 

もっと早く買えばよかったと思いました。

 

産後もしばらくは普段のジーンズが苦しく、また、赤ちゃんのお世話でしゃがんだりすることが多いので、マタニティジーンズをはいています。

盤矯正、腰痛防止のために買ったトコちゃんベルトU

 

妊娠すると、骨盤が緩んでガタガタになり、産後も体型が戻らなくなる。それに、妊娠中からベルトを着けると、腰痛防止や早産防止にもなり、着けるなら妊娠中からが良いと聞き、トコちゃんベルトを買いました。

 

妊娠してから、トコちゃんベルトをという言葉を、やたら周りやインターネットで見聞きしたため、やっておいた方がいいのかなとも思ったからです。産院によっては、つけることを推奨しているところもあるようです。

 

私の通っていた産院では、あまり勧めておられなかったのですが、自己判断で購入しました。値段もけっこうお高いので躊躇したのですが、産後まで使えると思い購入に踏み切りました。

 

しかし、使ってみると、まず、装着の仕方が難しく、毎日つけるのが面倒に感じました。しかも、正しいつけ方をしないと逆効果になることもあると聞き、少し不安になりました。

 

それでも、しばらく頑張ってつけてみたのですが、つけていると、座ったりしゃがんだりする時につっかえて苦しくなるのと、トイレに行く時など、いちいち外して、またつけ直さなくてはいけないのが大変でした。

 

さらに、つけていると、たしかにサポートされている安心感はあるのですが、座ったりしている間に圧迫感を感じ、足のむくみや静脈瘤への悪影響が心配になって、使うのをやめてしまいました。

 

産後はさらにしゃがんだりという動作が多く、ただでさえ大変な日常生活の中、ベルトをつける余裕はありませんでした。私には合ってなかったかなぁと思います。

 

 

 

ウェストのないデザインの普通の服を、マタニティウェアとして使えば、妊娠が終わった後にもその服をまた着られるし、無駄にならないのでとてもいいと思いました。探せばそういうデザインでファッショナブルな服も見つかります。妊娠中もできるだけオシャレでいたいという気持ちがあったので、いかにものマタニティドレスは着たくありませんでした。ウェストのないデザインのワンピースなどは、その後も活躍していて良かったと思います。

マタニティドレスというのは、本当に妊娠中にしか着られないデザインだし、妊娠が終わったら使いようがなく、ファッション性としても全く使い物にならないのですが、その割りに高価なので、損をした感じがしました。確かに妊娠中は便利なのですけれども、本当にその時にしか使えないものなので、使い捨てするしかなく、もっと安くてもいいのではないかと思いました。もちろん、誰か他の妊婦さんに使ってもらってもいいのですが。

 

妊娠はめでたいことなので、お金を使うのもうれしい、という面もあるかもしれませんが、そのときしか使えないものに高額なお金を使うというのは考えものだと思いました。だから、私は結局マタニティドレスは1着しか買いませんでした。あとは、ウェストのないデザインの普通の服を着るようにしました。ウェストのない服が好きでたくさん持っている友人がいたので、その人に服を何着か借りてすませることにしました。マタニティウェアはいかにも妊婦ですという感じなので、ちょっと恥ずかしかったです。